HOME>記事一覧>万が一にもしっかり備えながらも快適性がある

主役になれる住まい

男女

『住む人が主役になる』をテーマにした注文住宅が碧南エリアで注目されています。家は、生きるための箱ではなく、安全で心地よいものでなければならず、家族の誰かが我慢したりしない、ステキな住まいになるように計画ができるからです。

心地よい音を奏でる

家の模型とお金

注文住宅が碧南エリアで注目されるのは、音と生活との関わりからです。騒がしい方の騒音や雑音ではなく、人の気配を感じて安心ができる住まいのデザインがあるからです。部屋にいても、親の気配や子どもの気配がする、そうしたアイデアを家造りに反映できます。

ロハス住宅に仕上げる

健康志向の方が、碧南エリアで注文住宅を建てていることから、基礎疾患を持つお子さんがいる家庭でも、注文住宅造りに注目が集まっています。住まいが原因となって起こるシックハウス症候群など、目に見えない空気の汚れに配慮するロハス寄りの住まいが建てられます。

災害時に備える

碧南では災害に備えたい、そうした不安要素を抱えて、一から造る注文住宅が注目度を高めています。住まいの中の地震対策がなかなか賃貸マンションなどではできないため、地震に強い家を建てる家主もいらっしゃいます。災害用品などがすぐに持ち出せるように、すぐに避難ができるように、間取りも考慮できます。室内の整理整頓ができる、危険がないような造作された家具のデザイン、配置ができるのも注文住宅だからできることです。住まい方を変えるだけなのに、快適さを保ちながら、災害時の被害を少なくできます。

広告募集中